夢の世界

夢の世界

「夢」というのは、今更言うまでもありませんが、実に不思議です。

あ、夢は夢でも寝て見る夢です。

大人になってからは知っている人がよく出てくるんですが、小さな頃には動物がよく出てきていました。

何となく、小さな頃には人間よりも動物に興味があったりするわけで、逆に大人になれば人間を重視し始めるのだろうと、夢の傾向が変わった理由は分かる気もします。

そして、あまり現実的でない状況であっても、不思議とそれが当たり前の世界になりますよね?

学生になっていたり、ヒーローになっていたり、実家のマンションが固い要塞になっていたり・・・。

時には夢の中で「夢であってくれ」と思う事もありますが、そういう時の夢は結構現実的な内容が多い気がします。現実的な夢を見る時は、相当気にかかる様な出来事が現実にある場合がよくあります。これは結構辛いです。

また、夢の中では2本立て、3本立て、という状況がよくあります。

それは映画の様に一気にシーンが代わり、設定自体もガラリと変わってしまう事が多いです。

しかし、一度だけ、夢の中で2泊3日した事があります。学園祭の準備に始まり、祭の開幕、そして閉幕、というちゃんとした流れを持っている夢でした。

私のまわりでは、日を跨ぐ夢を見た事がある人って聞いた事がないんですよね。

皆さんはどうでしょうか?

そう考えてみると、案外、夢にはルールがあるようにも思えてきました。

夢とは一体何なんでしょう?

結局は脳が記憶をどうのこうの、と科学的な話になってくるのでしょうが、それこそちょっと「夢がない」ですよね。

私には夢の存在に対して、ちょっとした持論があります。

それは、夢の反対側に抽象的なもう一つの世界があるのではないか?という事です。

今私達のいる現実世界が具象的な世界で、夢は抽象的な世界とを繋ぐ架け橋なのではないか、という考えです。

もしかしたらもう一つ具象的な世界があって、それが混在する空間が夢そのものなのでは・・と考えたら止まりません。

もしもそれが事実だとしたら、向こう側の世界の人も夢を見ている事になります。そして、夢という第三の世界を私達は旅行をし、関わっているとも言えます。

だいぶ飛躍しましたが、そんな世界があれば夢を見るのはもっと面白くなる気がします。どうせなら、面白く生きていたいですよね!

フィットシャトルハイブリッド

念願の古い外車を手に入れました

昔からね、古い乗り物が大好きでした。クルマとバイク、どっちも古いのを愛好していましたね。クルマは実用もかねる必要があるので、それなりに使えるものを乗っていましたが、バイクに関しては100%趣味みたいなものだったので、それは古いものを乗っていました。

結婚前に乗っていたのは、50年近く前のカワサキ車両。本当は外車が欲しかったんですけど、手が届かなくてカワサキにしたということだったんですが、これが逆に良かったようです。パーツもそこそこ手に入りやすく、修理して乗るのは外車に比べて楽でしたから。

ちなみにクルマは、ローバーミニに乗っていました。インジェクション使用の比較的年式の新しい型でしたが、やはり現代車、日本車には無い素敵な乗り味と外観の美しさを持っていました。

しかしこの2台のどちらとも、結婚を機に手放してしまいました。理由はやはり、維持費と利便性が釣り合わなかったからです。

通勤に使うにしろ、家族で旅行に行くにしろ、出先でマシントラブルに襲われる可能性が高い上に、年間にかかる整備費も高くなってしまいます。私がそこそこの小金持ちだったらそんな悩みは持たずに維持することはできたんですけどね、仕方ありません。

手放して新しく手に入れたクルマとバイクは現代の“壊れない車”でした。古い車と乗っていてどっちが楽しいかというと、相変わらず古い車と思ってしまうものでしたが、新しくて壊れない車も悪くないんだなという気持ちは、正直感じていました。ですが「いつか古い車もまた……」という気持ちは拭えることなく心の中に眠らせていました。

その気持ちをようやく表に出すことができたのは、結婚して10年以上経ったころでした。知り合いの所持している古いバイクの1台を格安で購入することになったのです。

その知人は何台も古いバイクを所持しているのですが、手が行き届かずに眠らせてしまっているバイクを不憫に思い、知り合いにゆずろうと思い立ったとのことです。そしてその際に声をかけられたと言うわけです。

購入したバイクは、若い頃から憧れだったハーレーです。ショベルヘッドエンジンという30年以上前の古いエンジンを搭載した、現代車両では味わえない魅力を秘めた最高のバイクです。

念願だったハーレー、そして独身時代のバイクに対する熱い思いを胸にさぁ乗るぞ! という気持ちはあるものの、ただいま整備中です(笑) ゆずってもらった早々オイル漏れやら排気漏れでまともに走りませんでした。まともに乗れるようになるのは、半年後かな?

まぁそれも、古車を手にしたって感じがして悪くないですけれどもね。普通に問題なく乗りたいのであれば、古車なんて愛好しませんから。

ふくらはぎ痩せ二の腕痩せ