4年間の決意表明

4年間の決意表明

オリンピック、盛り上がってますね。

見事金メダルを獲得できた選手、残念ながらメダルに届かなかった選手も、みんな誇らしいですよね。

国民が選手を精一杯応援し、その期待を受けて正々堂々勝負した日本人は、個人的にメダルを授けたいくらいに素晴らしいものでした。

それを思うと、私の中学、高校時代を思い出します。

中学生の時、私の担任は体育専任で野球部顧問、しかも3年間同じ先生でした。

先生は体育教師らしく、とにかく気合いと根性、という熱っくるしい先生で、体育祭にも人一倍取り組んでいました。

かといって無茶をさせる様な事はなく、生徒達が自発的に特訓をし、その甲斐あってか最後の年には優勝を手にする事が出来ました。

一方、高校生の頃の話です。

体育祭、らしきもの、は、ありました。しかし、何か変な感じです。

何かもっとこう、兄の高校の卒業アルバムなんかを見てても、中学よりもっと自由に楽しむような、そんな雰囲気をイメージしてました。

けど、現実はとても大人しいのです。その疑問は全校集会で説明を受け、はじめて事情が分かりました。

「我が校は、体育祭ではありません。体育発表会、です」との事。

なんと応援をしてはいけない、というお達しが発表されました。

「???」という記号しか浮かびません。

その後、体育を発表するという会が、まことしやかに開催されました。

チラホラ、と保護者がいましたが、ほぼ生徒達だけでした。

工場で作られるお菓子の様に順々に100m走り、それで誰に何を発表するのか、とすら疑問に思える様な状況。

そして、発表会なので、赤組も白組もありません。

勝ち負けはなく、悔しさも味わえない様なこの会は、本当に体育の授業でしかありませんでした。

元々集団競技をしてこなかった私にとって、中学生の時に本気で取り組んだ記憶がなければ、

私は皆で負ける悔しさ、皆で勝つ喜びを味わう事は出来たのでしょうか?

世の中が平和である事は幸せかもしれませんが、何かに本気で取り組み、達成し、

その結果として敗北があるなら、それは一生の宝物と言えます。

そういうチャンスは社会人になってもあると思いますが、早いうちにそれを味わえた事は幸せでした。

オリンピックが終わったら、応援するのはしばらくお預けです。私は次のオリンピックまで、選手と共に本気で過ごす4年間を味わおう、そう決意しました。

洗顔石鹸

季節によって変わる睡眠時間

このところ睡眠時間が減って少し悩んでいます。今のところ、それによって体に不調があらわれるようなことは無いのですが、いつかツケがまわってきて、ドッと疲れが出てしまうのではないかと心配しています。

睡眠時間が減ったのは特に忙しいからという理由ではありません。むしろ最近は落ち着いていて、のんびりとした夜を過ごせています。たまに読書や映画鑑賞も楽しめてしまうくらいですから。ではなぜ睡眠時間が減っているかというと、それは朝の暑さが原因です。

朝になると東の窓から差し込む太陽のパワーが凄くてですね、暑くて眠っていられなくなってしまうのです。どんなに遅い時間に眠ったとしても、5時か6時には起きてしまいます。

曇りや雨の日はゆっくりと寝ていられるはずなんですけどね、毎朝早く起きる時間が癖ついてしまっているのと、外が明るくなっているのを感じるせいで、やはり同じ位の時間に起きてしまいます。

毎日カーテンを閉めて寝ていればしっかり眠れはすると思うのですが、太陽の光りを浴びて起きると睡眠時間は少なくても目覚めが良いのでどうしても閉めたくはありません。以前、お日様の力は体にも心にも良いという話を知人から聞いてから私はカーテンも雨戸も閉めないで眠り、朝日と共に目覚めるようにしているのです。

「どうしても眠っていたい!」というような休日には、遮光カーテンを閉めて外の光りシャットダウンして寝るようにしています。そうすれば一度目が覚めてしまったといしても、すぐに二度寝に入ることができますから。きっと部屋が暗いため、まだ夜だと体も頭も認識しているからなのでしょう。

夏になると毎年、こんな感じで睡眠時間が減ってしまいます。しかし逆に冬になると、今度は睡眠時間が増えてしまうのがまた悩みの種ではあるのですよね。

冬は夏とは逆に日の出が遅い上に、気温が上がるのも緩やかです。そのためベッドからなかなか抜け出せずに二度寝どころか三度寝、四度寝にまで至ってしまいます(笑)

どちらかというと夏の睡眠時間が少ない問題より、冬の多すぎる睡眠時間の方が問題ですね。朝起きれないと仕事に悪影響となってしまいますから。

ですが人間は温かい時に活動力が増え、寒いときには活動力が減るのが当然の生き物です。世の中の仕事のサイクルもそれに合わせて、夏は仕事の時間を早めて冬は仕事の時間を遅くずらすといった工夫をしてみたら、やりやすいと思うのですが、どうでしょうか?

太ももやせ